「観音山フルーツガーデン」でフルーツを楽しみ尽くそう!

photo by 観音山フルーツガーデンhttps://www.instagram.com/kannonyama_okayama/

「観音山フルーツガーデン」は、和歌山県にある老舗の果物農家です。ここでは果物を購入するだけではなく、併設されたフルーツパーラーで旬の果物を使用したスイーツをいただくこともできます。時期によっては果物狩りもできますので、フルーツ好きな方は要チェックですよ。

観音山フルーツガーデンはどんなお店?

観音山フルーツガーデンは、和歌山県にある果物農家です。なんと創業は1911年。100年以上も続く老舗農家なのです。観音山フルーツガーデンは、もともとはみかん農家でした。しかし1996年にレモンの栽培を始めるとこれが大ヒットし、成長を続けています。こちらで栽培されている「観音山レモン」は、なんと天皇皇后両陛下に献上されたこともあるのだそう。

観音山フルーツガーデンの成長の原動力は、減農薬栽培やノーワックス、選別を手作業で行うなど、果実に余計な負担をかけないよう、手間暇かけて生産しているところにあります。こうした果物への誠実な姿勢が、消費者の安心や信頼感につながり愛され続けているのでしょうね。

観音山フルーツガーデンでは現在、およそ8ヘクタールほどの広大な土地の中でおよそ30種類ほどの果物を育てています。季節によって果物狩りを楽しむこともできますよ。また観音山フルーツガーデンには果物を加工する施設や直売所、カフェも併設されており、様々な果物の楽しみ方を体験できます。

観音山フルーツガーデンはフルーツの加工品も、全て手作業で丁寧に作られたものばかり。フルーツのおいしさを満喫できますよ。なお加工品や果物は、地方発送もできるそうです。

2018年にオープンした併設カフェ「観音山フルーツパーラー」では、旬のフルーツをたっぷり使ったパフェやフルーツサンドなどを味わえます。なおカフェメニューに使われるフルーツは、観音山フルーツガーデンで取れたものだけではなく、和歌山県内の別の農家で取れたものを使用することもあるのだそう。これも「本当においしいフルーツを味わってほしい」という気持ちの現れなのでしょうね。

なお観音山フルーツパーラーは、京都や神戸などにも支店がありますので、「和歌山まではなかなか行けない」という方はこちらを利用してはいかがでしょうか。

観音山フルーツガーデンの人気メニュー

では観音山フルーツガーデン内でいただける人気メニューをご紹介しましょう。なお店舗により提供されるメニューが異なりますので、ご注意ください。

パフェ

観音山フルーツガーデン内の観音山フルーツパーラで特に人気なのが旬のフルーツをたっぷり使ったパフェです。

そのなかでも1番人気なのが、「和歌山県産旬フルーツの農園パフェ」です。観音山フルーツガーデン内のフルーツはもちろん、和歌山県産の旬のフルーツをぎっしり詰め込んだぜいたくなパフェです。中に入っているフルーツは、季節によって異なります。季節が移り変わるたびに食べに行きたくなりますね。こちらの値段は1,650円です。

「和歌山県産ももパフェ」は、和歌山県産の桃をぜいたくに丸ごと一つ使用しています。桃の甘い香りとみずみずしさに、幸せな気持ちになりますよ。こちらは7月頃〜8月中旬頃の季節限定メニュー。値段は1,980円です。

あまり他店では見かけない「和歌山県産の梅の農園パフェ」もおすすめです。こちらは和歌山県産の梅の甘露煮、梅ゼリー、梅ジャムにほうじ茶アイスやわらび餅など和のスイーツを加えて仕上げています。 こちらは初夏限定メニュー。梅の酸味が爽やかな初夏の季節にぴったりです。値段は1,790円です。

和歌山県産の旬フルーツの農園ワッフル

観音山フルーツガーデンのフルーツパーラーでは、ワッフルの生地に和歌山県産の観音山百花繚乱はちみつを使用。優しい甘さが楽しめます。ワッフルには爽やかな酸味のレモンジャムをトッピング。お皿の横にはたっぷりフルーツが添えられています。値段は1,098円です。

和歌山県産のフルーツジャムの農園ロシアンティー

ポットにたっぷり入った紅茶を、2種類の季節のジャムと一緒にいただくロシアンティー。カップが2つついてくる気配りが嬉しいですね。スイーツとの相性も抜群です。こちらは660円です。

和歌山県産旬のフルーツサンド

和歌山県産の旬のフルーツを使用したフルーツサンドは、切り口が綺麗でインスタ映えしそう。サンドイッチに使用されるパンも和歌山県産です。フルーツとクリーム、ジャムがサンドされており、甘みと酸味のバランスが抜群です。一口サイズにカットされているので、食べやすいですよ。無添加のドライフルーツも添えられています。値段は1,390円です。

レモンバタークリーム

観音山フルーツガーデンの代表的なフルーツの一つ「レモン」。そんな上質なレモンをたっぷり使用したのがこの「レモンバタークリーム」です。レモンバタークリームは、一般的にレモンカードと呼ばれています。あまり日本では馴染みがないですが、イギリスではパンやクラッカー、スコーンのお供として親しまれているのだそう。観音山フルーツガーデンのレモンバタークリームは、さっぱりとしたレモンの酸味に濃厚なバターの香りやこくが混ざり合い、濃厚ながら爽やかな味わいに仕上がっています。

パンなどにつけて食べるのはもちろん、バニラアイスとの相性も抜群!自分だけの楽しみ方を見つけてみてくださいね。こちらは972円です。

観音山フルーツガーデンの通販は?

観音山フルーツガーデンの果物や加工品は、通販でも購入可能です。なおファックスや電話での注文も可能です。送料は、本州、四国、九州地方にお住まいの方は、10,000円以上の購入で送料無料となります。

オンラインショップで通販する
www.kannonyama.com/?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=Res&gclid=Cj0KCQiA7YyCBhD_ARIsALkj54rco6mU8hrk93oeYEcpRKsoOduA6E5aVitBQadTKGI5ersFOHKhvEsaAsa5EALw_wcB

観音山フルーツガーデンの店舗情報

観音山フルーツガーデンは、観音山の中腹、紀ノ川東インターチェンジから車でおよそ5分のところにあります。交通アクセスの不便な場所ですので、車で行くことをおすすめします。「観音山フルーツガーデン」の看板がありますので、そちらを目印にしてください。無料の駐車場は50台分完備されています。

観音山フルーツガーデンに併設されたフルーツパーラーは、時間によっては非常に混み合うようですが、お昼前の時間は比較的空いているとのこと。参考にしてみてくださいね。なお席の予約はできないそうです。

観音山フルーツパーラーは、観音山フルーツガーデン内以外にも店舗があり、現在は京都店、神戸店、南紀田辺店、河口湖店もあります。

店舗情報
店名:観音山フルーツガーデン
住所:和歌山県紀の川市粉河3186-126
営業時間:8:00〜18:00(カフェは10:00〜17:00)
定休日:12/31〜1/2

※営業時間等が変更になっている場合があるので、公式HP等をご確認ください。