京菓子岬屋の丁寧に一つ一つ作られた和菓子は一度ぜひ食べてみるべし

photo by Foodiehttps://mi-journey.jp/foodie/
和菓子

岬屋というとあまり知られていなくても、岬屋の栗蒸しようかんを知っている人は多いほど、栗蒸しようかんの有名なお店。
代々木上原、代々木八幡、駒場東大前の三角地帯の中にある店舗は始めていくときは少し迷いますが、その苦労を公開させないお味です。

岬屋のようかんがとにかく絶品

岬屋といえば、まず名前が上がる商品が『栗蒸し羊羹』。岬屋では『竹栗蒸』というお名前で販売されています。

秋になると発売される期間限定商品です。
迷いやすく、さらに間口も決して広くはないため、洋菓子の通でないとなかなか行ったことのない店舗ですが、9月頃になると自然と注文が入ってくるそうです。

京菓子岬屋の栗蒸し羊羹は、羊羹にありがちなむっちりとした食感ではなく、しっとりとした生菓子というにふさわしい羊羹です。
大量生産ではなく、一本一本丁寧に作られているのがわかるような、繊細なお味。

竹皮に包んでから蒸し上げる羊羹は、包装紙を解く過程でもう竹のいい香りがしてくるところも、高級感を演出します。
蜜煮された栗と小倉餡がよく調和して、どちらの味も引き立ちあい、まとまっているのが特徴。

実は水ようかんにもあるのですが、ここでは通常よくある粒あん、こしあんだけではなく、白小豆という種類でもお菓子を製造しているのです。

水ようかんだと、これが店頭に並んでいるのですが、実は竹栗煮では白小豆のものはデフォルトでは売られておらず、お客様から要望があり、複数まとめて作れそうな数になったら作る、という工程というのだから驚きです。

白小豆は小豆よりも少し控えめな味なので、竹栗蒸にすると、栗の味を少し前に出してくれるようになります。

なかなか東京のお菓子屋さんでは見ない白小豆ですが、京都ではなかなか和菓子の中で使われることは多いのだとか。

京菓子岬屋の和菓子はどこで手に入る?

年明けから初盆にかけては、白あんを柔らかいお餅で包んだ『花びら餅』が期間限定で売っているなど、京菓子にこだわった岬屋のお菓子はぜひ食べてみたいものです。

ただ、「ここまで京菓子岬屋の魅力を目いっぱい伝えてきましたが、店舗に行くのがなかなか難しい方もいらっしゃいます。そんな方に朗報です。

週で曜日は決まっていますが、日本橋・新宿の高島屋、日本橋・恵比寿の三越、渋谷の東急などにもお菓子を置いているのだとか。
もちろん、百貨店になりますと、本店より品ぞろえがありませんが、人気のようかん類は手にできることが多いので一度足を運んでみてください。

岬屋の通販はありませんが、時期によっては上記の百貨店のオンラインショップに出ていることがあります。出ているのを見つけたら、すぐに購入ですね。

店舗情報
店名:京菓子 岬屋 (きょうがし みさきや)

住所:東京都渋谷区富ケ谷2-17-7

定休日:日曜日、月曜日、祝祭日(節句・彼岸を除く)

営業時間:9:00~19:00

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。