作る米菓はなんと100種類以上!「日光おかき工房」の直売所「名水の郷」は観光にもおすすめ

photo by 日光おかき工房https://www.okaki.ne.jp/

日光の名水と国産米で米菓づくりにこだわる「日光おかき工房」。機械に頼りすぎず、今も人の手をかけながら作るその味は、たくさんの人に喜ばれ日光のお土産としても人気となっています。
今回は、そんな日光おかき工房の魅力を人気商品や工場直売所の情報と共にご紹介していきます。

日光おかき工房はどんなお店?直売所もある!

日光おかき工房は、昭和2年創業の丸彦製菓株式会社が運営するブランドです。栃木県日光市に本社工場があり、日光国立公園が水源地のまろやかな名水と国産米を100%使用してつくる米菓は、外側は硬く、内側は砕けやすいため歯ごたえの変化を楽しむことができます。

焼き・揚げ様々なおかきやあられを作っている日光おかき工房。新商品も定期的に登場し、おかきに食物繊維を加えた“おてがる腸活おかき”は多くのメディアで話題となったんだとか。最近ではこぶし作りというおかきが新しく発売されました。
他にもごぼう味の揚げおかき「ごぼう天」や紅葉の名所、日光いろは坂をイメージして作られた「いろは坂」といったおかきもあり、その豊富な種類の米菓は思わず目移りするほどです。

また、日光おかき工房には工場直売所もあり、「名水の郷」の名で知られています。なんと一日平均来店者数が1000人にもなるという人気ぶりで、観光スポットとしても知られており、連日観光バスや自家用車で多くの人が訪れています。名水の郷には自宅用やギフト品など、出来立ての米菓がなんと100種類以上もあるんだとか。休日は混み合う事も多いようで、時にはレジに行列ができることも。SNSでは、日光に行ったら必ずここを訪れるという人も見られました。
日光へ観光に訪れた際は、休憩やお土産の購入などにこちらにも寄ってみてはいかがでしょうか。

日光おかき工房で人気の米菓は何?

様々なおかきやおせんべいを扱う日光おかき工房。長年愛される定番品はもちろん、新商品も続々と登場し、さらに欠けや割れのある品もお得なセットとして売られています。そして日光おかき工房では、季節のイベントに合わせたセットやお得な詰め合わせなども多数そろえられています。
ここでは日光おかき工房で特に人気の米菓を4つご紹介していきましょう。

おかき大好き

日光おかき工房で人気No.1no「おかき大好き」は、7種類のおかきが入ったおかき好きの定番ともいえる品です。内容は<海苔・七味・醤油・昆布・梅ざらめ・胡麻・サラダ>と味も形も色々。見て楽しい、食べて美味しいおかきミックスは満足度も高く、お茶の時間の会話も弾むことでしょう。

商品名 【徳用】おかき大好き
値段   税別660円

商品名 おかき大好き(化粧缶)
値段  税別1,650円

日光あげせん「ひので」

サクサクと軽い食感が特徴の、日光おかき工房の「ひので」。国内産ハチミツを加えた秘伝のタレで味付けされたこのあげせんは、日の出をイメージして作られたんだとか。パッケージにデザインされた明るい日の出は、新年の挨拶や手土産としても最適です。
原料は栃木県産のコシヒカリを100%使用、油の鮮度にも気を配りながら職人によって丁寧に揚げられています。

商品名 日光あげせん「ひので」箱
値段  税別550円

商品名 日光あげせん「ひので」(化粧缶)
値段  税別1,100円

商品名 日光あげせん「ひので」(徳用袋入り)
値段  税別1,375円

福々おかき缶

7種類の味が楽しめる日光おかき工房の「福々おかき缶」。サクッと軽い口当たりの小ぶりサイズの丸いおかきは、もちろん国産米を100%使用しています。
缶の中身は<醤油・サラダ・レモン・韓国きざみのり・一味・マヨネーズ・黒糖ココア>と辛口から甘口までバランスのよい内容です。福々おかき缶は化粧缶に個包装されたおかきがたっぷりと入っています。他にも巾着袋に入ったものなどもあります。

こちらは12月・1月限定品なので、気になる方は早めに購入して下さいね。

商品名  福々おかき缶
値段   税別1,485円

こわれ

製造途中で欠けや割れが発生したおかきやあられを詰め合わせた日光おかき工房の「こわれ」。見た目は少し悪いけれど味や品質は通常品と変わらない、お得な品です。どうやら店舗でも一番人気のお得用商品のようです。
「こわれ」は焼いたものと揚げたものでそれぞれ商品が分けられており、内容はその日製造されたものによって少しずつ変わってきます。開けてからのお楽しみ、ワクワクさせてくれる詰め合わせです。
日光おかき工房が初めてという方は、こちらはお試し用としてもおすすめですよ。

商品名 ミックスの味こわれ(焼き)
値段  税別550円

商品名 味の出会いこわれ(揚げ)
値段  税別550円

日光おかき工房の米菓は通販やお取り寄せできる?

日光おかき工房ではオンラインショップも開設しています。米菓の品揃えは実店舗と変わらず、インターネット限定の大袋などもあります。さらにオンラインショップでは、日光おかき工房の姉妹店である鬼怒川お菓子の城の月替わりスイーツも購入できますよ。
サイト内では価格帯や好みの味で検索することができ、また自宅用・ギフト用でカテゴリー分けもされているので選びやすくなっています。

また、日光おかき工房では割れや欠けがある米菓を専門に取り扱う「こわれ屋本舗」も2020年2月に誕生し、こちらは見栄えは悪いながらも品質は通常品と変わらず、リーズナブルな値段でこだわりの米菓を味わうことができます。種類にかかわらず値段が一律なのもわかりやすく魅力的です。
こちらは簡易包装なので贈答用としてではなく、自宅用のお茶うけとしてぴったりですよ。

商品の購入はこちらから↓
日光おかき工房公式オンラインショップ
日光おかき工房公式楽天ショップ
こわれ屋本舗

日光おかき工房の工場直売所「名水の郷」の店舗情報とアクセス方法

栃木県日光市芹沼にある日光おかき工房の直売所、「名水の郷」では各種商品を実際に手に取りながら購入できるだけでなく、工場見学やお煎餅の手焼き体験も行うことができます。(手焼き体験はコロナのため休止中)1Fは直売所、2Fの一部が工場見学の施設となっており、無料Wi-Fiも完備されていますよ。
見学や体験だけでなく、揚げたての揚げ餅が食べられるコーナーもあり、普段味わえない出来立ての味は食べてみる価値ありです。こちらは曜日によって味が変わるので、事前にHPでチェックしておくと良いでしょう。
直売所では他にも試食ができたり、無料のドリンクが飲める休憩コーナーもありますが、こちらは現在コロナのためサービスを休止しています。代わりに現在は、商品を購入すると小袋に入った試食品がもらえるようです。再開された際にはぜひこちらも利用してみて下さいね。

アクセス方法ですが、店舗は国道121号線のバイパス沿いにあります。今市IC方面からは豊岡中学校手前のT字路を右に入ってすぐ、北側入り口から入れます。なお鬼怒川温泉方面からは国道沿い左手側にある正面入り口から行くことができます。
公共交通機関ではJR今市駅または東武日光線下今市駅よりタクシーで15~20分程になりますよ。

日光の水と国産のお米で作られた日光おかき工房の米菓は、独自の歯ごたえと飽きのこない美味しさが何より魅力的です。種類豊富なおかきやあられは選ぶのも楽しいです。ぜひ色々な味やバリエーションを試してみて、自分好みの逸品を見つけてみて下さいね。

店舗情報
店名:名水の郷 日光おかき工房
住所:栃木県 日光市芹沼1989-1
営業時間:9:00~17:15
定休日:元旦